取っておいて損はないと後悔している

悩みがあなたを成長させる

その悩みこそあなたを次のステップへ導く道しるべです。今こそ立ち向かうとき!

やっぱり「手に職」は大事!

読了までの目安時間:約 2分

花

私が人生の中で最も後悔していることは,せっかく国立大学まで出してもらったのに,特に教員免許などの国家資格や免許を取得することもなく,ただ授業を受けるだけの四年間を過ごしてしまったことです。

確かに,大学の授業や研究のレベルはそれなりに高く,卒業研究もそれなりにしっかりとテーマをやり遂げたので就職活動で苦労することもなく,大手企業に入社できました。しかし,特に女性の場合は結婚・妊娠および出産・親の介護などライフステージの変化が激しく,一度就職した会社を辞めずに続けることが,本人の意思とは関係なく困難になるケースが少なくありません。そして,やむを得ず退職した後,数年経って環境が落ち着いたのでいざ再就職…と思っても,即採用して頂けるのは看護師さんや保育士さんなどいわゆる「手に職」系の仕事がほとんどです。

最近では,家庭教師や塾講師でも教員免許の保有者を募集している場合があり,私の卒業した学部でも,条件を満たせば教員免許は取得可能だったので,無理してでも取っておけばよかった…と後悔しても時すでに遅し,という状況です。

正直,「これなら受験する学校のレベル落として,専門学校のような所に通った方が生涯年収も高かったよ…」と思ってしまいます。社会に出てすぐに役立たないような資格であっても,取っておいて損はないと後悔している現在の私です。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー