なぜ私だけなのか不思議でたまりません

悩みがあなたを成長させる

その悩みこそあなたを次のステップへ導く道しるべです。今こそ立ち向かうとき!

私の声について

読了までの目安時間:約 2分

お茶

私のコンプレックスは、声がアニメ声なことです。小さい頃から、周りの人から「アニメに出てくるキャラクターの声にそっくりだね。」とか「わざとにそんな声で話しているの?」とか言われて来ました。

自分では、アニメ声に聞こえず普通の声にしか聞こえないので、なぜだろうと疑問に思っていました。ある時に、思いきって自分の声をラジカセに録音して聴いてみました。正直、その時、自分の声を聴いて衝撃を受けました。私は、こんな声でみんなと話しているんだと思うと死にたくなる気持ちでした。

思春期になり、声変わりすると普通の声になるかもしれないと期待していましたが、一向に変わらずにアニメ声のままでした。大人になるにつれて、周りの人からは「あなたの個性だから。」とか「お客にすぐ覚えてもらえるからいいわね。」とか言われましたが、全く嬉しくも何ともありませんでした。この声を生かして声優になればいいのにと言われることも多いのですが、全く声優にもアニメにも興味が無いので、アニメ番組があるとすぐにチャンネルを変えるぐらい嫌悪感がわきます。

誰か声を変える薬か何かを開発してくれないかなと毎日思っています。家族は普通の声なのに、なぜ私だけなのか不思議でたまりません。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー