その日一日の機嫌が左右されるくらい

悩みがあなたを成長させる

その悩みこそあなたを次のステップへ導く道しるべです。今こそ立ち向かうとき!

髪の毛にまつわるコンプレックス

読了までの目安時間:約 2分

プレゼントをもらう女性

コンプレックスと言われるといろいろあるが、今までの生涯を通じて、そのときそのとき悩んできたことは何かと考えてみたが、私にとっての一番のコンプレックスと言えば髪の毛に関するコンプレックスなのではないかと思う。

小さいときはそれなりにつやがあってきれいだった髪の毛が30歳くらいから艶がなくなり、猫っ毛のようにふわふわまとまらなくなった。美容院に行くと、昔のようにしっとりつやつやの髪に仕上げてもらえるのだが、自分だとこうはいかない。

そういえば小学校位のときから、若白髪にも悩まされていた。年頃になると雨の日のくせ毛に悩まされ、朝は前髪のセットがが思い通りにならず、試行錯誤を繰り返した。私の母方の女性は遺伝子を受け継ぐ髪の毛が少ない傾向にあるようで、20代後半になると髪のボリュームが少ないことにも悩まされるようになった。友達に疲れているのか聞かれたこともある。そのせいかシャンプーにはこだわりを持ち、美容師さんのおすすめはもちろん、スマホが発達するようになってからは口コミを見て、良いと聞けば自分でもあれこれためすようになり、今では二日に一度のお湯シャンプーに落ち着いた。

おかげか薄毛に悩むことはなくなったのだが、つやがないことと、白髪は相変わらず悩んでいる。女性にとって髪は命と言うが、髪の調子一つでその日一日の機嫌が左右されるくらいなのだから本当にその通りだと思う。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー